うみべ の むじな

日々のこと。ブログも俳句もはじめたて。

【やさしい日本語での外国人への台風情報提供】について やさしい日本語は日本人にもやさしい

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。ねねむです。

 

台風19号の被害が出始めていますね。


私はニュースやネットで情報を見ながら、できるだけ被害が少なくて済むよう祈っております。


日本人にはいまたくさんの外国人が滞在したり住んだりしています。

彼ら彼女らにとって日本語での情報収集はとても大変です。

そこで、NHKがやさしい日本語を使って災害情報を発信しています。

 

やさしい日本語は阪神大震災で、外国人に災害情報が伝わらなかった反省から生まれたものです。

日本人のなかでは、まだまだ「外国人=英語」という認識が強いですが、在住外国人はいろんな国のいろんな人がいるので、英語を話さない方もたくさん居ます。

また、多言語に情報を翻訳するのは人材も時間も必要。

緊急のときには間に合いません。

 

スピーディーに、よりたくたんの外国人へ情報を届ける。

 

それが「やさしい日本語」です。

 

また、やさしい日本語はGoogle翻訳で正しい翻訳がしやすいという長所もあります。

 

最近では、自治体でもやさしい日本語を取り入れているところが増えていますが、あのわかりにくい「お役所言葉」で書かれた文章よりはるかにわかりやすい!

 

また、緊急のときに限らず、外国語ができない方でもやさしい日本語を使えば、外国人とコミュニケーションが取れるかもしれません。

世界が広がりますね。

 

とてもたくさんの利点がある「やさしい日本語」。

たくさんの方に知ってもらえたら嬉しいです。

 

興味を持たれた方は、リンクの記事を読んでみてくださいね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

youpouch.com

 

www3.nhk.or.jpゆゆ

 

www3.nhk.or.jp